AHAピーリング(セルフピーリング)

ph調整されたグリコール酸で余分な角質を溶かし、にきびの原因となる皮膚のターンオーバーを正常化し、にきびを作りにくくします。
にきびを治したい方におすすめの施術です。

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • にきびが出来やすく、なかなか治らない方。

向いていない方

  • 顔に怪我やキズがあり、完治していない方。
    (傷に酸が入ると痛みが出たりや赤みが強くなったりする。)
  • 皮膚炎やヘルペスなどの症状がある方。
  • 慢性的にステロイド治療を行っている方。

「利点」と「欠点」について

利点

  • 皮膚のターンオーバーを正常化し、また角栓を詰まらせにくくすることでにきびを出来にくくすることができる。

欠点

  • 1~2日程度赤みやヒリつきが残る場合がある。
  • ピーリング中強くこすりすぎると皮膚が剥けてしまう事がある。
    (剥けてしまった場合は外用薬などで皮膚を保護し、日焼け予防を行わないと色素沈着が残る恐れがある。)

ケミカルピーリング治療の施術方法

  1. メイクなどを落とし、しっかり洗顔する。
  2. ピーリング剤を目の周りや口唇を避け塗布し、指の腹でゆっくりマッサージする。
  3. ピーリング剤をしっかり流し、中和ゲルを塗る。
  4. ゲルを洗い流し、コットンでパッティングする。
  5. 詰まった角栓を除去する。(面皰圧出)
  6. クーリングする。
  7. 洗顔し汚れをしっかり落とし、基礎化粧する。
  8. ※ 面皰圧出以外はご自身で行って頂きます。

施術内容の詳細

施術時間 約60分程度
ダウンタイム 個人差あり
術後の通院 なし

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さ 赤みは1~2日程度
ただし、炎症性のにきび跡は3~6ヶ月程度残ることあり。
腫れ 面皰圧出部が1~2日程度
洗顔 当日から可能
化粧 当日から可能(ただし、リキッドファンデーションは控える方が良い。)
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
運動 当日から可能
その他 肌が敏感になっており、しばらくは日焼け止めを使用する。
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

ケミカルピーリング治療 ¥5,000〜