脂肪吸引

脂肪吸引する部位周辺に、約3~5mmの小さな切開を行ない、そこに細い管を挿入して脂肪細胞を吸引により取り除きます。

顎周りのぜい肉を取りたい方、頬の厚みをなくしたい方など、二の腕の脂肪が気になる方など、部分痩せしたい方におすすめの施術です。

※施術前後の写真は、保健所の指導に基づき掲載しています。

適応部位

頬・顎・上腕・ウエスト・上下腹部・大腿内側・大腿外側・大腿膝上・足首

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • 部分的に脂肪がついている方。

向いていない方

  • 全体的に脂肪がついている人
  • 減量を望んでいる人

「利点」と「欠点」について

利点

  • 多少太っても吸引部は相対的に脂肪がつきにくい
  • 部分痩せが可能である

欠点

  • 筋肉の緩みや内臓脂肪は変わらない為、ぽっこりとしたお腹が改善できるとは限らない
  • マッサージ等セルフケアが不十分な場合、凸凹が残ることがある
  • 吸引後太った時に、吸引部だけ脂肪がつきにくい、段差になることがある

脂肪吸引の施術方法

  1. 吸引部にマーキングをし、点滴を開始する
  2. 消毒し、注射の麻酔をする
  3. 小切開し、脂肪をくずす
  4. 吸引管で脂肪を吸引する
  5. 表皮を縫合する
  6. 吸引部位を(ガードルやバンテージで)圧迫する

施術内容の詳細

手術時間 範囲により異なるが約30分~1時間
ダウンタイム 10~14日前後
抜糸 7日目
術後の通院 1週間後(抜糸)
2週間後
1・3ヶ月後

ダウンタイム詳細(身体の場合)

傷の赤み 3ヶ月
腫れ 腫れ、内出血斑が消失するのに2~3週間程度
洗顔 当日から可能(傷を濡らさなければ可)
化粧 当日から可能
シャワー 傷を濡らさないようにすれば当日から可能
入浴 1週間後から可能
運動 1週間後から適度な運動は可
その他 吸引部に対して硬さを取るために、手術の2週間後からマッサージを行う必要あり。
超音波を行うのも効果的。(20分2,000円)
マッサージを行わないと将来的に凸凹が残ることがある。
また吸引部は1ヶ月程度ガードルなどで圧迫が必要
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

ダウンタイム詳細(顔の場合)

傷の赤み 3ヶ月
腫れ 1~2週間程度
洗顔 傷を濡らさないようにすれば当日から可能
化粧 翌日から可能
シャワー 傷を濡らさないようにすれば当日から可能
入浴 1週間後から可能
運動 1週間後から適度な運動は可
その他 24時間はバンテージで圧迫し、その後も抜糸までの間は出来るだけ圧迫を行う。
吸引部に対して硬さを取るために、手術の1~2週間後からマッサージを行う必要あり。
超音波を行うのも効果的。(20分2,000円)
マッサージを行わないと将来的に凸凹が残ることがある。
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

脂肪吸引(1部位または1対) ¥300,000
※ 静脈麻酔代、薬代込み