経結膜的眼窩脂肪除去

下眼瞼のたるみとは、瞼板の下にある眼窩中隔という膜が弱くなることによって、脂肪が前へぼこっと出てたるみが生じる現象(eyebagやbaggy eyeという)です。いくつもの脂肪が入り組んでいる下眼瞼の脂肪は、大きく目頭側、中央、目尻側の3つに分かれ、中でも目頭側の脂肪が一番たるみやすいとされています。

眼窩中隔が先天的に強い、弱いなども関係しており、下眼瞼のたるみを生じる入の中には、常にぼこっと出ているという先天的な入もいます。

手術方法は、大きく2つに分かれます。ひとつは若くて皮膚のたるみがない場合で、睫毛の際を切り、余分な脂肪をとる手術を行います。もうひとつは、加齢
により皮膚がたるんでいる場合で、同じく睫毛の際を切って脂肪を取り除き、さらに余っている皮膚を縫い縮めます。その際、しわができないようにと無理に皮膚を取りすぎると「あかんベー」をした状態の不自然な眼に仕上がるので注意が必要です。

皮膚を切除しすぎると、不自然な目になることはもちろん、涙が出やすくなるほか、取り過ぎた皮膚は元に戻せません。最近では、加齢によって出っ張った脂肪と皮膚を切除するという従来の方法ではなく、骨膜下まではがして、たるんでいる筋肉もすべて引き上げるというミッドフェイスリフトに近い手術も行われています。

皮膚と脂肪を切除する手術を行った場合、術後1週間傷口にテープをはり、1週間後に抜糸を行います。縫った跡が下睫の際に赤くアイラインのように残りますが、抜糸をすればあまり目立たなくなります。個人差はありますが、1~3ヵ月程度は赤みが残ると思っておいたほうがよいでしょう。

骨膜下から持ち上げるという手術を行った場合は、骨膜が新しい場所に定着するまで、1週間ほどマスクのようなもので固定する必要があります。大きな手術になりますので、それなりに腫れも覚悟しておかなければなりません。

料金

経結膜的眼窩脂肪除去 ¥250,000
※ 薬代込み