鼻尖縮小

鼻先を細くする手術です。同時に切除した軟骨を鼻尖に固定することで高さを出し、またアップノーズ、ダウンノーズに修正もできる手術となります。

一般的な鼻尖縮小の場合、オープン法、クローズ法の2種がありますが、U CLINICクリニックでは、ほぼクローズ法を手術で行うため、傷跡が目立ちません。高さを出すために、一般的には耳からの軟骨の移植を必要としますが、U CLINICクリニックでは工夫を行い、軟骨も耳からではなく、大鼻翼軟骨の一部を移植することで高さを出します。

団子鼻を治したい方、鼻が上向きなのが気になる方、鼻を高くしたい方、鼻を小さくしたい方、鼻を長くしたい方に適した手術方法です。

術式の解説については、鼻尖縮小(術式)をご参照ください。

関連症例①:鼻翼・鼻尖を小さく整え奥二重を二重に
関連症例②:黄金比からのズレを整え大人の女性の印象へ
関連症例③:目や鼻などのパーツ修正と加齢による症状を改善
関連症例④:Eラインを整え黄金比に近づける

※施術前後の写真は、保健所の指導に基づき掲載しています。

U CLINICクリニックの鼻尖縮小の特徴

  1. ピンチノーズになりにくい
    軟部組織を切除して、糸で結ぶことが一般的によく行われる鼻尖縮小術ですが、鼻尖だけ細くしてしまうと鼻背部の厚さがのこることがあります。
    これは大鼻翼軟骨上部まで固定していないことや大鼻翼軟骨上部の処理をしないこと、などによって引きおこされます。
    当院では大鼻翼軟骨上部から鼻背軟骨下部を剥がし、大鼻翼軟骨の一部を切除することでピンチノーズにならないように工夫しております。
  2. アップノーズ気味もしくはダウンノーズにできる
    一部切除した大鼻翼軟骨を鼻尖へ移動し、固定することでアップノーズ、もしくはダウンノーズにすることができます。
    通常、耳や鼻中隔軟骨などから軟骨を切除し行うため、キズが増えてしまうものですが、鼻翼軟骨の一部を動かすことによって鼻腔内の切開だけで行えます。
    ただ、採れる軟骨には限度があるので、高さを大きく変えたい場合などには耳からの軟骨移植が必要な場合もございます。
  3. 皮下出血が起きにくい
    通常、鼻尖縮小ではすべての切開部を縫合しますので、皮下出血の逃場がなく、鼻周りや頬の辺りに皮下出血をできてしまうことが多いです。
    U CLINICクリニックでは、鼻腔内の奥にドレナージ孔をあらかじめ作っておくことで皮下出血や腫れ、血腫を予防します。

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • 鼻先が大きく団子鼻の方。
  • アップまたはダウンノーズにしたい方。
  • 鼻を高くシャープに見せたいと考えている方。

向いていない方

  • 目のバランス、鼻尖と鼻翼のバランスによって向いていない方がいる。(鼻の大きさや鼻のバランスに関しては黄金比のページ。)

「利点」と「欠点」について

利点

    • 鼻筋が通って見える。
    • 斜めや横顔の印象が、鼻が高くなる。
    • 腫れが引くのに3ヶ月はかかるが、徐々に細くなっていく。

<li長期的経過をみると、プロテーゼは皮膚が薄くなり石灰化を起こすため、抜去しなくてはいけないのに対し、鼻尖縮小は、自分の組織で出来ているため、引っ張るなどしてもずれる心配がない。

欠点

  • 1週間はテーピングが必要。
  • プロテーゼのように鼻根部の高さは出ないため、鼻尖部を高くし過ぎると横からの印象が、鼻が反り返ったように見えてしまう。鼻根部の低さや反り返った印象が気になる場合はヒアルロン酸を入れる必要がある。
  • 自分の鼻の軟骨を利用するため、軟骨の大きさに個人差があり、自分が思っているよりも高さを作れない場合がある。その場合は耳介軟骨を用いて高さを作らなければならない。

鼻尖縮小の施術方法

  1. 点滴を開始する、鼻毛をカットする。
  2. 消毒し、注射の麻酔をする。
  3. 鼻の入り口と奥を切り、中の処理がしやすいように引き出す。
  4. 余分な軟部組織を除去し、大鼻翼軟骨を縫い寄せる。
  5. 軟骨を縫い寄せた時に邪魔になる軟骨の一部を切り出して、鼻尖部に縫いつける。
  6. 鼻の入り口を縫い閉じる。
  7. テーピングをする。

施術内容の詳細

手術時間 約30分
ダウンタイム 7日前後
抜糸 7日目
術後の通院 1週間後(抜糸)
1・3ヶ月後

ダウンタイム詳細

傷の赤み 赤みは鼻の中のため目立つことはない。
1ヶ月目が1番硬く、術直後に比べ小さくなっている。
その後は、徐々に硬さがとれ自然になる。(場合によっては傷をやわらかくする注射をすることもある。)
腫れ テーピングをはがしても腫れてはいるが、元の太さに似ているので、人には気づかれにくい。
洗顔 抜糸してから可能(テープを濡らさなければ可)
化粧 抜糸してから可能(テープをはがさなければ可)
シャワー 傷を濡らさないようにすれば当日から可能
入浴 1週間後から可能
運動 1週間後から可能
その他 鼻の奥の傷は血がたまらないように縫い閉じない為、出血が1~2日程度は続くため、綿球をつめる必要がある。
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

鼻尖縮小 ¥300,000
※ 静脈麻酔代、薬代込み