立ち耳

立ち耳とは?

立ち耳とは生まれつきで耳が正面を向いていることです。正面から顔を見てみると、耳が飛び出ていたり大きく見えてしまったりします。

基本的には耳介と側頭部が30度以上の角度がある場合、立ち耳という診断がつくでしょう。

原因

耳の内部にある軟骨 (対耳輪)が、一般的な耳よりも折れ曲がりが弱いことが原因です。

症状

耳が正面を向いているのみで、痛みなどが生じることはほとんどありません。

治療法

切開を伴う手術を行います。局所麻酔をし、片側45分程度で終了します。
一度の手術で半永久的な効果もあります。また、傷跡は耳の裏側でさらには時間の経過とともに消失していくので目立ちません。

料金

たち耳・片側 軟骨形成を要さないもの 約29880円
たち耳・片側 軟骨形成を要するもの 約57720円

※保険適用になります。