PDT(フォトダイナミックセラピー)治療

δーアミノレブリン酸を内服し、皮脂腺や毛包に集積する物質(ポルフィリンという光感受性物質)を大量に発生させ、可視光線をあてることで活性酵素が発生し、皮脂腺と毛包を壊す治療です。

それにより、皮脂の分泌が減少し、また、熱によっても殺菌されるため、炎症性のにきびにも効果があります。顔はもちろんのこと、身体にも照射可能です。

にきびを治したい方におすすめの施術です。

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • 脂性肌の方。
  • にきびが繰り返しでき、治らない方。
  • 顔や首に、にきびができやすい方。
  • 胸や背中、おしりに、にきびができやすい方。
  • 皮脂による化粧崩れが気になる方。

向いていない方

  • 日光過敏症の方。
  • 頭部などの、毛が生えている部分に、にきびができやすい方。(毛が抜けては困る部位への照射は、脱毛の恐れがあるため。)
  • 妊娠中の方。(内服薬が胎児への影響が懸念されるため。)

「利点」と「欠点」について

利点

  • 大きくなった皮脂腺を壊してしまうのでにきびが出来にくくなる。
  • 脂性肌が改善され、化粧崩れがしにくくなる。

欠点

  • 内服した薬の効果が出ることもあるので、照射前後は日に当たらないようにする必要がある。(特に照射前に日光に当たると反応し、レーザーの効果が十分に発揮できない可能性がある)
  • 照射後、それまで溜まっていた皮脂が一度に排出されるために、一時的ににきびが悪化する場合がある。(一時的なものなので、抗生剤等で落ち着かせることが出来る。)
  • δーアミノレブリン酸内服による胸やけや吐き気等、気分不快症状が出る場合がある。

PDT(フォトダイナミックセラピー)治療の施術方法

  1. 照射4時間前にδ―アミノレブリン酸を内服する。(希望に応じて吐き気止めも内服。)
  2. にきびが多い場合、面圧をする。
  3. 可視光線を照射する。
  4. クーリングする。

施術内容の詳細

施術時間 1部位
約20分
ダウンタイム 2~3日前後
術後の通院 にきび悪化時
1週間後面圧

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さ 2~3日赤み
腫れ 2~3日赤みと共に日焼け後のような腫れが出ることもある
洗顔 当日から可能
化粧 当日から可能
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
運動 当日から可能
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

PDT(フォトダイナミックセラピー) ¥40,000
※ 施術後の状態により別途薬代¥870かかります。