酒さ

酒さとは?

酒さは赤ら顔とも呼ばれ、顔が赤くなってしまう皮膚の症状です。鼻や頬などに症状が出やすく、30歳以上の女性の発症率が高いと言われています。

原因

原因は顔の表面に存在するダニの一種でもあるでもデックスや、皮膚の免疫以上とも言われています。

また、毛細血管は広がり血流が良くなることで酒さの症状が現れるとも言えます。そのため、アルコール・カフェインの摂取や寒暖差、ホルモンバランスの乱れなどには注意が必要です。

症状

初期症状では鼻や頬、額、またその周辺の皮膚がうっすらと赤くなります。一般的にかゆみなどは伴いませんが悪化すると皮膚が盛り上がってきたり火照ったりする感覚になることもあります。

治療法

酒さはすぐに改善できる症状ではないと言われています。

そのため塗り薬を使用したり内服薬を使用したりといった治療を行います。