注射による多汗症治療

薬剤を適応部位に注射することで、汗腺の働きを抑え、発汗量を減らすことが出来ます。

人の体には汗を分泌させることで体温調節を行っています。汗はエクリン腺という汗腺から分泌されます。汗腺が多いワキに汗止め注射をすることで、交感神経からエクリン腺への刺激の伝達をブロックし、発汗を抑えます。

症状によっては保険が適応されます。

症状と注射部位

毛穴 がある所に注射し、汗を出す腺(エクリン腺)の働きを弱め汗の量を少なくします

症状と注射部位 注意する点
多汗症(腋窩有毛部)汗の量を減らすことは出来ますが、腋臭症 には効果がありません。

ワキに対する汗止め注射の施術手順

  1. (本人希望時)麻酔クリームによる麻酔をする(15分程度)
  2. 消毒し、汗止め注射をする
  3. 圧迫止血をする

施術内容の詳細

施術時間 約5~10分
ダウンタイム 14日前後
(内出血時)
通院 修正が必要な場合 7日後から14日以内

ダウンタイム詳細

傷の赤み 2~3日針痕の赤み
腫れ 内出血した場合、2週間程度
洗顔 当日から可能
化粧 当日から可能
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
運動 当日から可能
飲酒 当日から可能
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

両ワキ(症状次第で保険適応) ¥52,000
※ 麻酔クリーム希望の方は別途¥2,000かかります。

※ 当院ではワキ汗止め注射に関して、効果が弱い場合に修正期間を設けています(7日後から14日以内)。その際、追加料金は¥10,000(麻酔クリーム希望の方は別途¥2,000)です。また、発汗テスト希望の方は別途¥1,000かかります。