ワキガ治療(反転剪除法)

ワキガ症状と原因

ワキガの症状

ワキガは”不快な臭いがワキの下から発生する状態”を指すことが一般的です。医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」、「アポクリン汗腺症」と表記されます。

ワキガの臭いは硫黄やスパイスに例えられるような、鼻にツンと来る独特な刺激臭です。また、玉ねぎや鉛筆の芯のような臭いと言われることもあります。

基本的には放置しても体調や身体に害はありません。しかし人と会うのが辛くなったり、コンプレックスに感じてしまったりと精神的には大きな負担となってしまいます。

ワキガの原因

人間の身体には汗を分泌するための「汗腺」という組織があり、さらに汗腺はエクリン汗腺アポクリン汗腺の2種類に分けられます。

「アポクリン汗腺」から分泌された汗にはタンパク質や脂質が含まれており、それが皮膚や皮脂の常在菌に分解されることでワキガの原因となるのです。

つまり、アポクリン汗腺の数が多い人はワキガになりやすいと言えるでしょう。汗腺の数は生まれたときから決まっており途中で変化しないため、ワキガになるかどうかは「遺伝」が大きな要因となります。

また「ストレスや疲労」「食生活の乱れ」「肥満・運動不足」などの生活習慣の乱れによってアポクリン汗腺が活性化された結果、臭いが強くなるケースも考えられます。

保険適用について

ワキガは、一般的には「その人の体質」という形で判断されがちではありますが、上記の通り公衆衛生、精神衛生上の観点から、保険適用による治療が厚生労働省より決められています。。

症状の程度にはよりますが、保険診療が可能な場合もあります。
※他院で受けられたワキガ治療の修正手術に関しては、自費診療になります。

ワキガの治療方法(反転剪除法)

当院では、ワキガの治療を反転剪除法という術式を用いて治療を行います。

この術式は、有毛部の上下2箇所を約3~4cm切開して、皮膚を裏返して汗腺を切除する方法で、広く一般的に行われている手術です。

腋臭症手術
一度剥離した皮膚をもう一度同じ場所へ定着させるという方法なので、うまく定着されない場合は、皮膚かすれたり、血腫ができて最悪の場合は皮膚の壊死が起きることもあります。

そのため、術後は皮膚がしっかり定着されるよう圧迫を行う必要があり、激しい運動などは避け、しばらく安静にすることも必要です。

圧迫の際にテープを使うことがありますが、テープかぶれを起こしやすく、かぶれが傷跡・手術跡より目立つことも多々あります。そのため、圧迫用のベスト(ボディスーツ)を着用して圧迫するという方法もあります。

いずれの手術も、1週間で抜糸を行いますが、多かれ少なかれ傷ができるということは避けられません。

傷跡・手術跡が少ないといわれる吸引法やアクティブシェイビング法でも5mm程度の傷跡・手術跡が2~3箇所残り、いずれも3~6ヵ月は赤く傷跡・手術跡が残ります。

また、吸引法、アクティブシェイビング法、反転剪除法の場合は、術後1週間圧迫することが必要で、包帯を巻かなければならない場合もあります。そのため、手術は夏場ではなく、長袖を着用する冬場に行うほうが望ましいでしょう。

ダウンタイム・副作用

手術時間 約2時間
抜糸 術後1週間~2週間
術後の通院 10日に3~4回
入浴 半身浴程度なら翌日から可能
(患部を濡らさないように注意)
腫れ 1週間~2週間程度
内出血 2~3週間程度
(細い血管が傷ついた場合)
術後の固定 最低1週間 圧迫固定

料金

腋臭症手術(反転剪除法) ¥150,000(片側)
※ 静脈麻酔希望の方は別途¥10,000かかります。
※ 薬代込み
※ 症状次第で保険適用あり(片側 約¥20,610)